ご臨終

まず、ご家族や親戚、親しい方にご連絡ください。
葬儀の日程などは改めてご連絡することになります。
※具体的な日程に関しては葬儀社とのお打合せによって決定されます。
●主治医がいらっしゃる場合
主治医にご連絡ください。主治医が病死を確認し、すぐに死亡診断書を作成していただけます。
●主治医がいない場合
119番に連絡してください。警察に連絡が入り検死が行われます。
病院以外でお亡くなりになられた場合はご自宅でも、警察の確認が必要となります。

当社へご連絡

専門スタッフが全ての段取りを心得ておりますので、どのような事でもご相談ください。
また、ご自宅以外で葬儀される場合は、ご遺体の搬送用の寝台車の手配をいたします。

検死(主治医がいない場合)

ご自宅か葬儀式場へ搬送後、安置いたします。
弊社施設の場合、ご家族の控室や湯灌施設などをご用意しております。

ご安置

ご自宅で葬儀をされる場合は安置のための環境を整えます。
弊社の式場で葬儀を行われる場合は搬送後、安置いたします。
弊社施設の場合、ご家族の控室や湯灌施設などをご用意いたしております。

ご葬儀のお打合せ

葬儀の日程、ご予算、葬儀プランなどに関してお打合せさせていただきます。ご自宅でのお式にも対応しておりますので、お気軽にご相談ください。専門のスタッフが全ての段取りをお手伝いいたしますのでご安心ください。
また、多様化する、葬儀の形態・宗派等一般的な葬儀以外も承ります。(無宗教)

通夜・葬儀の手配

火葬場・霊柩車の手配、樒(しきみ)・生花・会葬礼状などの準備をします。ほとんどを玉泉院で行っていますので、急な追加(礼状等)にも対応いたします。

親族での確認

知人・友人・勤務先へ死亡の通知をします。
隣近所に挨拶します。

葬儀に必要な役割や担当の決定

受付係・会計係・食事係など、葬儀の規模又は必要により係を作ります。受付を設営し、芳名録・筆記用具・香典受け・名刺受けなどを準備します。
玉泉院では、受付の設備はほとんど、準備致します。筆記用具等もお申し付け下さい。

式場の設営

湯灌・納棺をします。(故人様愛用品の準備)
玉泉院で式場の飾り付け・祭壇の設置や道案内(看板)を設置します。仏衣・棺など数多く取りそろえ、ご当家様のご希望に添えるようにしております。

湯灌

ゆったりとした浴槽でリラックスしていただき身も心も癒していただけます。乳白色のお湯の中、シャンプー・リンスにて細部に渡り、心のこもった、お世話をさせていただきます。
ご自宅や集会所などのご葬儀式にも、湯灌送迎をいたしております。

通夜・葬儀の準備と確認

弔問客の飲食物・茶菓子の準備やお布施の用意、焼香順位決定や、火葬場へ行かれる人および配車の確認をします。
玉泉院では飲食物・会場・フロアサービス等人数に合わせた接待が出来ます。

通夜

弔問客の応対は世話役(受付係・接待係)に任せます。通夜ぶるまいは弔問に対する返礼の意味をこめて行います。
玉泉院では飲食物・会場・コンパニオン等人数に合わせた接待が出来ます。

葬儀・告別式

開式の30分前には進行係と打合せをします。弔辞・弔電や葬儀参列者および席順の確認をします。
玉泉院では祭壇の写真・集合写真・ビデオ等出張撮影も致します。

お別れ・出棺

ご遺族・ご親族が、故人様との最後のお別れをし「別れの花」を棺におさめます。玉泉院の施行では故人様の好物を御供えし、おひつぎに入れてもらうサービスもあります。
あらかじめ手配したタクシー・マイクロバスに分乗して火葬場へ向かいます。

火葬・骨あげ

玉泉院で火葬・埋葬許可証を管理事務所に提出します。
骨あげは火葬場係員の指示に従います。火葬・埋葬許可証を受け取ります。
火葬場でのマナー等当家が困らないように、玉泉院の係員が火葬場までお供致します。

遺骨迎えと精進落とし

還骨の読経と初七日法要を合せておこなう場合が多いようです。精進落としは、僧侶や親戚およびお世話になった方をもてなします。
院内の施行は、初七日の部屋を準備し(有料)親族の人数によっては、法要会館の手配も致します。

葬儀を終えて

お世話になった係の方々にお礼のご挨拶をします。
親族と忌明けの法要や納骨の時期について話し合います。

挨拶回り

葬儀の翌日か翌々日ぐらいまでに行います。
弔電・供物を届けてくださった方々には、お礼状を出しましょう。

香典返しの準備

忌明けの挨拶を兼ねて行います。
喪主が故人の供養のためにする習わしです。